AJECが選ばれる理由

お客様の期待を上回る提案力

  • POINT1

    味の素グループの一員として高品質な工場建設をサポートできるから

  • POINT2

    幅広い分野の食品工場を知り尽くしたエキスパート集団だから

  • POINT3

    計画から保全までニーズに応じて幅広く対応できるから

味の素グループの一員として高品質な工場建設をサポートできるから

食品工場を構成する重要な4つの要素


この4つの要素を巧みに組み合わせることにより、「高品質」で「コストパフォーマンスの高い」製品が生み出されます。
食品工場を知り尽くしているAJECは、これまでに手がけてきた数多くの事例と、食品メーカー系ならではの知見の組み合わせにより、最高のパフォーマンスが期待できる工場建設の実現をサポートします。
そして操業に際しても、最高基準に則った工場運営の実現に向けて、研修や各種アドバイスを通じてトータルにお客様をサポートします。

実績のご紹介とお客様の声


  • 味の素パッケージング株式会社様
  • Mizkan様
  • ふじや食品様
  • J-オイルミルズ様
  • 味の素パッケージング株式会社様
  • Mizkan様
  • ふじや食品様
  • J-オイルミルズ様

ホスピタリティ研修


食品、ライフサイエンス分野の製造関連企業に対して、最高のコンシェルジュとしてハイレベルなエンジニアリングサービスを提供するため、お客様の満足度を高めるホスピタリティ研修を実施しています。お客様に寄り添う提案を実現できるよう、一般社員はもちろん、役員から契約社員まで全社員が必須で参加する研修です。

フードセーフティから“フードディフェンス”へ


  • 日本では毒物混入事件など、従来の性善説に基づく“食品安全システム”では、悪意ある意図的な攻撃に対して防御できない状況となっています。最も重要なのは会社風土の醸成と考えており、それらにハード・ソフトからご協力致します。
    AJECはこれに対応すべく、フードディフェンス技術と生産管理支援システムを組み合わせ、ご予算に合わせた形での提案が可能です。

    1984年 毒入り菓子事件
    2000年6月 食品偽装
    2008年1月 冷凍餃子事件
    2013年12月 冷凍食品農薬混入事件
    2014年7月 賞味期限切れ肉混入事件

一般衛生管理に準拠した設計


HACCPシステム(CCP管理)を効果的に運用、かつ集中できる環境を生み出すためには、その土台である一般衛生管理が重要であることは言うまでもありません。しかしながら、日ごろの管理・運営に追われ、それが希薄となっている食品工場が幾つか見受けられるのも事実です。私どもAJECは、これまでの経験と知識を活かし、こうしたお悩みを解決していきます。

AJECの考える「フードディフェンス」にまで踏み込んだ一般衛生管理 (例)

    • 洗浄方法と洗浄水温、室内温度等、精査した上で床・壁材の仕様を確定していきます。
    • 湿潤排気を伴う加熱機器には局所排気設備を設置し、天井結露の無い環境を提供します。
    • 製造空間と食堂・休憩エリアとを明確に区別し、衛生教育をハード面から支援します。
    • 工場診断を行い、品質(衛生)・環境及びコンプライアンス面の改善に役立てます。
    • 生産設備の配置を決定する際は、使い勝手だけでなく保全スペースも考慮します。
    • 当社が培ってきた設備マネジメント手法は、必ずや貴社安定生産に寄与します。
    • 高度な衛生エリアでは陽圧管理を基本とし、専用の換気ダクトや排水配管を設備提案します。
    • 入出荷口の防虫対策(パレットチェンジャー、二重ドア、ドッグシェルター等)を行います。
    • 受水槽に防犯ライトや監視カメラの設置など、フードディフェンスを考慮した設計を行います。
    • 使用水への毒物混入防止策として、鍵付きの衛生薬剤庫やCIP薬液タンク室を提供します。
    • 工場排水原水質や放流基準値、周囲環境に適した排水処理設備の設計・施工を行います。
    • 製造室、倉庫の配置検討を行う際は、場内容器や廃棄物の動線とその物量も考慮に入れます。
    • フードディフェンスを意識したITVシステムや入場者管理ゲートのご提案が可能です。
    • 作業者のモチベーションを維持、向上するため、食堂休憩室の環境を整えます。
    • 動線計画においては、原材料はもちろんのこと包材・廃棄物に至るまで検討の範囲に入ります。
    • 次工程待ちの中間品や冷却中の製品の置き場等も、異物混入のリスク対策を徹底的に行います。
    • CCP監視システムを導入し、万が一の際の回収製品特定と回収量の抑制に寄与します。
    • 生産管理システムの導入により、中間製品滞留による異物混入リスクを低減します。
    • お客様の基準に沿った異物検査機器導入の検討支援が可能です。
    • 包装・検査工程の自動化、省人化により、異物混入リスクを低減します。