AJECの技術

メンテナンス&リファイニング(MR)サービス


従来の「壊れたら治すこと(事後保全)」と、「定期的に推奨点検日にオーバーホールを行うこと(計画保全)」とでは、“安定生産体制の構築”を実現する上では、大きな差が生じます。
計画保全は、日々の工場運転状況を基に、“貴社の実情に合った形”で計画的にメンテナンスを行い、工場停止リスクを最小限にする手法です。

計画保全のメリット
  • 1工場保全費用の適正化が期待できます。
  • 2保全費用の中長期的な平準化が期待できます。
  • 3工場の突発停止リスクの極小化が期待できます。

設備マネジメントシステムの導入と運営により人材育成と安定生産を実現


工場設備の情報整理(機器リスト整備・生産フローシート更新・機器ランク設定・メーカー仕様書整理等)

生産影響等により機器にランクを設定

(例)
A:リスクマネジメント+専門点検+自主点検
B:専門点検+自主点検
C:自主点検

その他工場設備でのお悩みごと


定期保全、定期点検などの他にも、法定点検や定期交換部品の購入など、煩わしい日程調整や保全業者調整を一括して対応し、設備保全に関する貴社の負担を軽減します。

保全業務イメージ(例)
  • 生産効率・作業効率を向上させたい
  • エレベーター等各機器の法定点検を確実に行い法令を順守したい
  • 食品衛生への対応を強化したい
  • 自主保全の基礎知識を身に付けたい(メンテナンススクールの開催)