AJECの人 生産設備

E.S
東京事業所エンジニアリング部
応用化学科卒 2017年入社

実践を通じて着実に成長を続ける日々
~自分に足りない知識は先輩が助けてくれる~

当社としては少しイレギュラーではありますが、私は現在大きな災害に遭われたお客様の工場復旧の仕事に携わっています。生産停止期間を少しでも短くするため、建築、電気、設備、計装などの他部署と協力しながら、お客様の期待に答えられるよう日々仕事を進めています。

エンジニアとして働くことへの憧れが強かったためAJECを選びましたが、大学時代の専攻は応用化学で、建設業への知識を何も持たないまま入社が決まったので、こんな自分でも仕事ができるのか?と不安もありました。

実際に入社した頃は初めてのことや分からないことばかりで、戸惑いや難しさを感じることが多々ありましたが、社内外勉強会やOJTで少しずつ知識や実践経験を積みながら現在に至っています。これまでは先輩や上司について仕事をしてきたので、これからは1日でも早く主担当として、ひとりで仕事が進められるようになっていきたいと思っています。

自ら設計した食品工場で造られた製品を食べたときは思わず涙が

仕事で一番やりがいを感じるのは、自分の設計が具現化するときです。自分が関わったお客様の製品がスーパーに並んでいるのを見るときや、設計した食品工場が生産を開始し、そこで造られた商品を最初に食べたときは思わず涙がこぼれました。

仕事を進める上で一番大切にしていることは、上司によく言われたのですが、行動や発言をする前によく考えることです。私は2年目の新人ですが、私の発言や行動は、私個人としてではなく、会社として評価されます。たとえば、何か提案をする際も、それは現実的に可能か?判断材料が揃った上での提案か?危険はないか?など考えてから行動することで、間違いやトラブルの発生を防ぐよう意識しています。

AJECの魅力は、自分がお客様の想いを具現化するに当たり、計画から設計、施工、メンテナンスまで一貫して関われることと、部署に関係なくコミュニケーションが取れる風通しの良い風土にあります。入社前に社内の人間関係に不安を抱く人もいるでしょうが、説明会や面接に来ていただければ、きっとAJECの社員の人柄が伝わると思いますので、ぜひ足を運んでみてください。

Oneday Schedule

  • 7:45
    出社
  • 8:00
    朝礼
  • 8:30
    工事現場内見回り
  • 9:00
    工事管理、設計
  • 10:00
    現場調査、設計
  • 12:00
    昼食
  • 13:00
    現場調査、打ち合わせ
  • 15:00
    昼礼
  • 17:00
    工事終了確認見回り
  • 17:30
    設計、翌日準備
  • 18:30
    退社