お問い合わせ Home
EN

技術・商品紹介

CM(Construction Management)について

「建築主の要望を聞き、建築主と利害を共有する」
まさに「良い建築を安く」の実現のため、当社では従前から取り組み、提供してきたサービスです。

CMの目的・意義

従来、日本国内における建設工事は、いわゆる一括発注方式と呼ばれる方式が多用されてきており、
施工に関するマネージメント業務は主として元請負会社(総合建設工事業社:ゼネコン)が担ってきました。
この方式の利点は、建築主の負担が少なく、高い技術力と統率力を有するゼネコンの請負責任の下に事が進むというものです。

しかしながら社会情勢の変化に伴い、潜在的なものを含めた建築主のきめ細かな要望事項の反映、利害を共有する透明なサービス提供、
という観点には立ち得ないものでもあります。

そこで、「良い建築を安く」を実現するために、CM業務サービスの利用は有効な一手段となります。
建築主が自分の要望を整理し正しい判断をするために、「情報提供者でもあり解説者でもある存在」が求められてきています。

また、権限委譲を受け、建設プロジェクトを運営、統括する建築主の代理人としての機能も社会的な要求になりつつあります。

【CMの基本的役割】

一般的にCMも基本的役割は以下の事項が挙げらます。

これらの建築サービスは、あくまでも建築主と同じ基盤に立ち、設計と施工に分断された機能を調整し、統括するものです。
建築設計事務所とゼネコンの役割と存在を尊重し、保証しつつ、変革を求めていくものであり、建築の第三のサービスとして認知されつつあります。

【建築主にとっての効果】

【AJEC CMの一例】

弊社が従前よりおこなってきた業務は、まさにCM業務であり、建築主と利害を共有しお役に立ってきたと自負しております。
今後の建設工事に関しまして、必ずやお客様のお役に立てると考えております。

CMの一例
pagetop