お問い合わせ Home
EN

社員インタビュー

実際に働いている先輩の生の声とライフスタイルから、
仕事の様子や職場環境を感じてみよう。

Interview01.

写真1

大学では何を専攻していましたか?

情報工学科に属し、C+、C++、Javaといったプログラム言語を用いて、プログラミングを行っていました。サーバーの処理を上手く振り分けることで電力の消費量を抑えられるかといった研究を行っていました。


AJECを選んだ決め手は?

面接や面接の担当者の雰囲気が良かったからです。他社の面接と比較して、面接会場や面接の担当者の方が和気藹々とした雰囲気だったので、自分の持ち味を出すことができ、楽しみながら、緊張をしないで面接を行えたことが大きかったと思います。


入社前に不安はありませんでしたか?

写真2

AJECの仕事内容を全然理解できていなかったことです。しかし、入社した後は、いつか分かる日が来るなと思い頑張ってきました。そして、気がついたらAJECの仕事内容を自分なりに理解できていました。


研修では何を学びますか?

4月は有明の本社(現在の本社は蒲田に移転)にて座学が多かったです。ビジネスマナー研修とかパソコンの使い方を学びました。5月は川崎事業所にて見学を行いました。各工程のラインを見学し、工場のシステムを学びました。

5月の後半は外部のお客様の工場見学(出張のシステムを学ぶ意味合いも含まれていました)を行い、6月は仮配属され、現在の部署にて研修を行いました。川崎事業所ではパートの方に交じって生産の実習も行いました。

その実習を通して、AJECに求められているものは何か?オペレータから求められているものが何か?が理解できた実習でした。


大学で学んだことを仕事で活かせる場面はありましたか?

元々、プログラムを専攻していたので、大学で学んできたことを活かせる場面は、技術的にはありませんでした。正直、大学の知識が役に立ってる実感する機会は少ないです。

しかし、アルバイト等はしてきたので、人と話すこと、打ち解けることは苦ではありませんでした。


今現在の仕事内容は?

ある一日の業務の紹介

仕事上、大切なことは?

コミュニケーション能力が大切だと感じます。
AJECはエンジニアリング会社なので、お客様が望んでいるものを聞き出すこと、それをわかりやすく業者に伝えることが非常に重要です。

コミュニケーション能力は人間性だと思うので、どういう仕事が求められているかを感じるには必要だと思います。


一件あたりの仕事の期間は?

短いのは1週間くらいです。長い仕事だと3~4年を費やすこともあります。


仕事のやりがい・喜びは?

自分の携わった仕事が形になってあらわれてくるところが良いです。
また、今まで、AJECで得た専門的知識の全てが身に付いたことだと思います。

仕事で失敗しちゃったなと思うことは?

少々せっかちなところがあるので、確認しきれていないまま作業を進めてしまうことがあるのですが、上司が未然に防いでくれているので、今までは大きな失敗はありません。

仕事をする上でのマストアイテム

あまり物は必要としないですが、あえてのマストアイテムはパソコンです。
アイテムではありませんが、自分の中ではスピード感を大切にしています。
お客様から聞かれたことはなるべく持ち帰らずにその場で答えるようにしています。


自分が思うAJECの魅力はここ!

写真3

入社の決め手にもなったのですが、社内の雰囲気が良いところです。
昼休みの食事も上司や先輩と食べに行くことが多いです。

また、大きいプロジェクトが終わった際など、プロジェクト報告を兼ねて、大会議室で報告会を開いて、成功談や失敗談を話す機会があります。部署内でのボーリング大会などもあります。


これからどんなキャリアステップを目標にしていますか?

早く独り立ちしたいですね。
今は誰かについて仕事をこなすことばかりなので、一人で設計、施工といったプロジェクトをまとめていきたいですね。


現在、就職活動を頑張っている皆さんへ

写真4

「就職できなかったらどうしよう」と考えていましたが、今思えば、どこからか内定はもらえていたのかなと思えます。

周りの友人も最終的には内定はもらえていたので、「自分は仕事が見つからないのでは」と焦るのではなく、「落ちたらしょうがない、また次がある」と気持ちを切り替えて活動することが大事なのだと思います。

pagetop